診療案内と料金

施術価格

○初診料

なし 0円

回数券は存在しません。

なぜなら、リラクゼーション目的では施術しておりません。領収書は医療費控除に使える医療としてやります。

針はすべて使い捨てです。一本1000円以上の針も常用してますが、赤字になっても治ればいいので平気で何本も使います。昔から料金は同じです。
(金の針は値段の割に、治療力がなく、折れやすいのでやめました。銀の針はつかいますが使い捨てます)
時間制ではありません。疾患と患者さんの体力体質に合わせて約50分から、まれに2時間

舌診、六部定位脈診をもととした本格的中医学弁証による中医学派現代鍼
およびトリガーポイント施術料金

   料金 6,600円(高価な針を使いおうが、時間が長くなろうがなにをしても消費税込み6,600円

値段が高そうにみえますが。精いっぱいの料金です。

●保険治療について

針灸治療は健康保険適応可能ですが、保険適用は法律上、医師の同意の上で行われ条件として、同じ疾患で医師との同時治療はできません。保険適応範囲内の治療は限定されます。
(頭痛だから頭部、後頸部だけに針をうつようなことは鍼灸師としてナンセンスな話ですし慢性腰痛に関しては、腰以外にも、全身に打たないと慢性からはおそらく逃れることはできないでしょう。部分治療というの概念は接骨院などでの補助的なスポーツ鍼灸の概念です。完全治癒までにはいかないので、お勧めではありません)
また、初期ではない精神疾患の場合、医師との同時治療は必須です。

●私個人の意見として。
保険を使って制限された治療を、何年も、何百回も、繰り返されている方にたくさんお会いします。
電気治療で痛みの苦しさから、逃れられるわけでないならば、通うだけ時間とお金の無駄だと思います。
(針灸治療の保険適応時の実質施術料金の上限は、2005年現在、1525円と定められています。1割負担だと患者様負担150円くらいです)
保険を適応しますと上記の制限がありますので、正規の手続をふむと、ひとり一人、丁寧に治療はできません。そうすると、接骨院などで、おこなっている補助的な針治療しかできません。
要するに、まじめに、きちんと施術をすると、材料費だけでも保険の上限を遙かに超えます。
(医師免許があり、針治療も行っている先生は全国にたくさんいらっしゃいますが、保険を適用せずに実費治療になっているのが現状です。cf. 医師が施術する場合、都内大学附属病院での施術料は1万円くらいです)

予約方法

患者様専用、ご予約の電話番号  営業の方は、070-8500-8989 はりきゅうはりきゅうまで。

できましたら、患者さん、ご本人がお電話してください。
実はその声を聴いて、その方の体調を判断し、時間を決めていきます。
(例えば、うつ症状の患者さんを午前中にいれるのは、ありえませんし、九州など遠方からくるかたは、帰りの飛行機の便がいいように午後1番にいれます)

しかしながら、夜にしか連絡できないとか、恥ずかしいので
すこしためらう。というばあいは、匿名でもかまいませんので、
ご相談ください。

理想的な治療計画は、2週間に1度3回とりあえずやってみます。

それで施術を卒業するならば理想です。

しかし、予約がすぐには取れない繁忙期の場合場合、次の予約が1ヵ月以上離れてしまったらもったいないので、できたら3回来てください。ぎっくり腰など1度で治ってしまうような疾患でこの限りではありませんが、慢性疾患の場合とりあえず全て3回やっていただければ変化が見られるとは思います。3回で効果がなければ、私の実力不足でこの鍼灸院ではできません。

長期間保険を使った治らない治療を整形外科、病院などでするのでしたら、ぜひ鍼灸コストパフォーマンスが高い鍼灸はお勧めです。

1. 症状
2.可能ならば飲んでいるお薬(お薬手帳に書いてある薬)

3.時間のご希望、難病ならば、院長がやりますが、午後2時~4時の枠しか、できません。
4.お名前 仮名でも結構です(40代、女性)だけでも結構です。

以上 最低でも4点を記載してメールをください。

偽名でも、かまいません(以前は、掲示板でお答えしておりました)急がないと、いけない疾患があるので、体が変だなと、思ったら、お問い合わせください。

的確にお答えするようにしますが、なるべくはやく、お返事します。

最近、営業差マンさんに負けて、使えるようになりました。だいたいのカード等は使えます

クレジットカードやQR決済交通系カードもつかえます。

  • 美容鍼灸について。どうしても、というとき、以外やりませんインスタ映えするのでいま流行中です)。私は、男性ですが、海外に行くと必ずエステを予約します。いろいろな国であらゆる施術をうけましたが日本では、絶対にエステがいいです。りょうこ先生担当の場合は、顔面の美容鍼灸もやっております。料金は通常鍼灸と同じなので、他の治療院と比べて半額になりますが、お試しでやってみてもいいかもしれません。当院での美容針灸の考え方は、中医学の考え方に基づいています。私たちは、外見的な美しさだけでなく、体の内側からのバランスを整えることを重視しています。中医学では、体内の気や血液の流れが滞ることが美容面でも問題となるとされています。このため、針を刺すことで、気や血液の流れを整え、肌のハリや弾力を取り戻す効果が期待されます。

当院では、美容鍼灸を長年にわたって行ってきましたが、現在は美容針灸のブームにより、他の施術ができなくなることがあります。そのため、積極的におすすめしていないことをご了承ください。

鍼灸学校の数が増えたことにより、鍼灸師が食べていくのが難しくなってきており、美容針灸が一つの手段となっています。私たちは、患者さんのために、必死に勉強して美容針灸を覚えました。しかし、私たちは、美容針灸だけにこだわることはせず、他の施術も提供しています。

美容針灸は、エステやアーユルベーダなど他の美容施術と比べても、効果があることが知られています。ただし、顔だけでなく、体の内側から整えることが必要です。私たちは、中医学の考え方に基づいて、患者さんの状態をしっかりと診断し、針を刺す場所を決めています。

動画では、腹部の解説をしています。これは、中医学では腹部が体内の根本となる場所であり、体全体のバランスを整えるためにも重要な部分だからです。また、英語版を公開しているのは、海外の方にもわかりやすく伝えるためです。

最後に、当院では患者さんの健康を最優先に考え、適切な施術を提供しています。美容針灸を含め、どの施術も慎重に行い、患者さんが安心して通院できるよう心がけています。

実際にうたれてた中国流、腹部にさす、やせるための美容針

いかなる、特殊な施術を加えても料金は加算されません。

浦安市はりきゅう券のかた
800円引き。(個人で違います)

浦安市はりきゅう券赤の券のかた。  1000円引き(個人で違います)

市川市はりきゅう券のかた  1000円引き

●領収書は医療費控除に使えます。

当院はリラクゼーションの鍼治療は一切やりません。したがって医療費控除が使えます。かならず、領収書をお渡ししてます。

●保険治療について

針灸治療は健康保険適応可能ですが、
保険適用は法律上、医師の同意の上で行われ条件として、同じ疾患で医師との同時治療はできません。保険適応範囲内の治療は限定されます。
(頭痛だから頭部、後頸部だけに針をうつようなことは鍼灸師としてナンセン
スな話ですし慢性腰痛に関しては、腰以外にも、全身に打たないと慢性からはおそらく逃れることはできないでしょう。部分治療というの概念は接骨院などでの補助的なスポーツ鍼灸の概念です。完全治癒までにはいかないので、お勧めではありません)
また、初期ではない精神疾患の場合、医師との同時治療は必須です。

●私個人の意見として。
保険を使って制限された治療を、何年も、何百回も、繰り返されている方にたくさんお会いします。
電気治療で痛みの苦しさから、逃れられるわけでないならば、通うだけ時間とお金の無駄だと思います。
(針灸治療の保険適応時の実質施術料金の上限は、2005年現在、1525円と定められています。1割負担だと患者様負担150円くらいです)
保険を適応しますと上記の制限がありますので、正規の手続をふむと、ひとり一人、丁寧に治療はできません。そうすると、接骨院などで、おこなっている補助的な針治療しかできません。
要するに、まじめに、きちんと施術をすると、材料費だけでも保険の上限を遙かに超えます。
(医師免許があり、針治療も行っている先生は全国にたくさんいらっしゃいますが、保険を適用せずに実費治療になっているのが現状です。cf. 医師が施術する場合、都内大学附属病院での施術料は1万円くらいです)

海外旅行中の方へ海外の方で日本の鍼灸治療の言葉はよくわからない人は必ず読んでください

●海外の医療保険に加入している場合
Information on Foreign Health Insurance Plans

We do not bill foreign health insurance plans directly and we do not accept co-payments.
Please check your insurance plan for details about your coverage.If your insurance plan covers acpuncture treatments you receive in japan,we will provide you with receipts to submit to your insurance company for reimbursement.
However,you still need to pay for the treatment at visit.

yano Hari-kyu-in Japan acupuncture Clinic

海外のかたは、日本の鍼灸のことをしらないために、たまに大騒ぎしてしまします。採血の針とくらべて、直径0.2mm前後です。万が一出血しても毛髪のような針ですのですぐに治癒します。ということが、以下に書いてあります。

ただし、ペースメーカーの入っている方と、妊娠中のかたは、やりかたが、変わりますので絶対におっしゃってください。

Informed Consent to Treatment
□ (Consent for treatment)
I hereby consent to be treated with acupuncture and other techniques based on Oriental Medicine by the practitioner(s) at yano Hari-kyu-in Japan acupuncture Clinic.
I understand that methods of treatment may include, but are not limited to, history-taking, physical examinations, acupuncture, moxibustion, warm needle moxibustion, electro acupuncture, cupping and bodywork.
□ (Risks of acupuncture and massage treatments)
I understand that acupuncture is a very safe method of treatment, but that it may occasionally have some side effects, including bruising, bleeding, numbness, tingling, soreness near the needling sites that may last a few days, dizziness, fainting, or aggravation of symptoms existing prior to treatment. Extremely rare risks include infection, nerve damage, and organ puncture, including lung puncture (pneumothorax). Burns and/or scarring are a potential risk of moxibustion. I understand other side effects and risks may occur.
□(Precautions before treatment)
I understand that I should not make significant movements while the needles are being inserted, retained,
or removed, and while moxibustion is being applied.
agree to inform my practitioner if I have any of the following conditions:
A pacemaker or other electrical implant
A bleeding disorder
Pregnant or possibility of being pregnant
Taking anti-coagulants (blood thinner) or any other medication.
□←Please check it

 

開院時間 金曜日と、祝日土曜日基本的にお休みです。

 
朝9:30~14:00⭕️  ❌
休憩なし、午後14:00~夜7時頃まで⭕️  ❌

実際は、午後6時台のかたの施術が終了しますとそのときが閉院時間になります。

休憩は基本的にありません。院長施術が間にはいります。

(営業時間中は必ず院内におります。非通知の場合、通知にしてお願いします。開院2時間前には必ずつながります。夜は8時過ぎまでつながります)

ご予約は
初診のかたは、電話で1回まで。その後来院されたら2回先まで。
その次、他の方の予約状況を見ながらは、合計4回まで。
(基本的に、電話では1通話1回までにさせていただいております)

ぎっくり腰など急な疾患の方がはいれるように
出来る限り予約率が100%にならないように努力しております。