やの東洋医学研究所(Since 1999)

院長が自由気ままにつぶやく動画ブログ

針灸列伝

おともだちリンク へ

中国の鍼灸の歴史

鍼灸は中国の五千年に及ぶ豊かな医学伝統から生まれた治療法です。この歴史は、神農や黄帝といった伝説の帝が治療法を用いていた時代までさかのぼります。黄帝内経には、人体の「気」の流れを整えることが健康の鍵とされ、鍼や灸によって経絡上の「経穴」を刺激することで内臓の機能を調節し、病気を治療すると記されています。時代が進むにつれて、この知識は絶え間なく実践と経験を通じて精緻化され、世界中で尊重される医術へと発展しました。

黄帝内経は例えば、下の文章のように、先生と生徒の会話になっています。

ここから、下は、私のオリジナルですので、気にしないでください。


生徒: 「先生、鍼灸は本当に効果があるんですか?」

先生: 「鍼灸といっても種類が様々だけど、具体的にはどんな鍼灸のことを聞きたいの?」

生徒: 「例えば、体の不調を鍼で直接刺激しなくても、離れた位置からエネルギーを送ると良くなるというものです。」

先生: 「それは昔から日本にもあるね。鍼を使わずに、ただ手をかざすだけで、痛みや不調が和らぐということは、実際にあり得ることだよ。」

生徒: 「それは鍼灸師のエネルギーが送られて、不調の原因を消滅させるということですか?」

先生: 「いいえ、そうではないと思うよ。基本的には、本人の体内エネルギーが自らを癒すのだと考えられる。」

生徒: 「そうすると、鍼灸師が手をかざさなくても良くなるはずですね。」

先生: 「それが難しいところで、必ずしも同じ結果にはならないんだ。」

生徒: 「やはり鍼灸師のエネルギーも影響しているわけですね。」

先生: 「治そうとする意志の誘導によって、自然治癒力は誘発されることがある。その意味では、誰にもその力は備わっているんだ。」

生徒: 「基本的には本人の力で治るということは、自己治療法や呼吸療法に似ているのではないですか?」

先生: 「中国の鍼灸療法の研究者の中には、鍼灸は催眠療法からバイオフィードバック療法に収まると説明する人もいるよ。その考え方には賛成だね。」   つづく。

日本の鍼灸の歴史

日本に鍼灸が伝わったのは、6世紀から7世紀にかけてのことです。その後、日本固有の文化と合わせて、鍼灸は大きく進化しました。特に、微細な鍼の技術や痛みを最小限に抑える方法が発展し、「日本式鍼灸」として独自のスタイルを築きました。日本では、これらの伝統的手法を守りつつ、最新の医学的知見を統合した現代鍼灸が注目を集めています。

日本の鍼灸については、下のコラムにも書いてあります。

東洋医学とは

東洋医学は、身体、心、そして環境の調和が健康を左右するという考えに基づいています。その根底にあるのは、生命エネルギー「気」の流れやバランスが、体と心の状態を決定するという哲学です。鍼灸、薬草療法、気功、食事療法など、多様な治療法がありますが、すべては体内の気の流れを正常に保ち、陰陽のバランスをとることを目指しています。東洋医学は、単に症状の緩和だけでなく、病気の予防と全体的なバランスの維持を重視しています。

はり・きゅう専門院としての基本スタンス

鍼治療をやっているからといって、100%東洋医学が良いと思っているわけではありません。
西洋医学を否定せずに、むしろ積極的に取り入れ、平行した形で、鍼治療が役に立てばよいと、思います。とくに細菌感染は抗生物質のほうが効きますので、薬物アレルギーなどで薬物治療できないかた、妊婦さん以外は病院に行かれるほうがよいです。
毎朝、必ず施術前に太極拳などで練功し、精神統一するのは鍼灸師生活で必須です。特殊な場合を除いて気功そのものを治療に使ったりはしません。

 中医学、漢方には病名がありません。病名のことを証(しよう)と呼びます。漢方医のかたも、みなこれで、苦労します。なぜなら、国家試験に一切、でませんから。
(ちなみに、鍼灸師の国家試験は簡単なものはでます)
鍼灸師は、免許をとったら、まず、弁証ができるように必至で勉強します。何年もかかります。脈診は30年と言われてるくらいで、舌診よりさらに難しいです。

いろいろ弁証方法があるのですが、
やはり、プロは、臓腑弁証だと思います。
すごく難しいですが、これができないと、針はうてません。
漢方を使う医師の先生もこれができないと、とりあえず、処方をだすことになります。
風邪なら葛根湯、→みな冗談で、葛根湯医といます。

漢方の先生から、漢方薬をもらったら、私は、何証ですか?
と、効いて下さい。こたえられないと、とりあえず処方です。
ただ、なぜか、芍薬甘草湯だけは、とりあえずで、効きます。

リクエスト なんその法、がん患者さんや、寝たきりの患者さんの疼痛をなおすための、マインドフルネスです。

医師の監修あり。これだけ覚えれば十分 (初心者のための)
臓腑弁証、厳選32選

時間制ではありません(実際は1時間くらいです。まれに2時間の方もいらっしゃいますが、料金は変わりません)

その方の体調、体質によりますので、時間制はナンセンスな話です。

(鍼治療に慣れた方は、一回の施術で70~80本入れますが、普通は慣れるまでそこまで、やりません。

やりすぎは、当然駄目ですが、その逆も全く効果がでません)

複数の部位でもすべて同じ料金です。
銀針(全身のすべて銀針は効果が期待できないのでやめました)、箱灸、吸い玉、灸頭鍼、パルス治療、パイオネックス、耳針など、いかなる治療を加えても料金は加算されません。

脈診が変ってしまう薬剤  鍼灸師が覚えるべき薬剤その1

施術の流れについて

  1. 問診

    筋・筋膜性の腰痛などあきらかに整形外科疾患と思われるものは、中医学を用いず、トリガーポイントを使います。舌診、脈診などを省略することも多々あります。

  2. 舌脈診

    舌診脈診をして、弁証を立てます。(漢方薬局と同じですが、中医学派は、腹診は、しないこともあります。私はお腹にハリを打つときに触ります。

    院長実践 中医学の舌診の仕方。


    院長実践 中医学の脈診の仕方。

  3. 弁証

    治法をきめます(薬でいう処方のこと。ツボの位置を決めます)。これを失敗すると施術を失敗します。
    院長実践 中医学の弁証の仕方。パーキンソン病

  1. はり施術・施術

    置鍼法、を使います。(例外を除いて抜き差ししません)約15分の置鍼 × 2セット(仰向けとうつ伏せ)が基本になりますが、おそらく施術に入ると手を休めることは一度もありません

      はり治療にかかる時間は30~60分です。おそらくそれ以上になると眠気と疲れが、強く出ます。
      問診、舌診、脈診をいれて1時間弱。その症状に対してですので、時間は全く関係ありません。

      患者さんの体質、体調によって針の材質、種類太さ、深さ、本数が違います。

      腹診その2 楽しく学ぶ腹診 鍼灸治療で大切な切診 日本漢方詳細 (27分) How to acupuncture.

      ●舌診脈診についての注意
      治療前に、デパス、ワイパックス、メイラックスなど、抗不安薬、向精神薬をお飲みになるかたは非常に多いです。脈が変化して脈診がかわりますので、弁証(治療方法も変わります)が変わります。服用された方はいえる範囲で教えてください。

      ※また、脳梗塞、心疾患のため(ワーファリン、バイアスピリンなど)血液をさらさらにする薬を服用されている方は絶対に教えてください。針の種類と、打ち方がすべて変わります。


      いわゆるマイナートランキライザー。ロラゼハム(ワイパックス)

      (ジェネリックは難しいですが、新薬をふくめ精神系のお薬においては、薬の名前と効能、半減期などの情報はほとんど記憶していると思います)

      漢方薬について

      詳細は、院長の同級生の漢方医、小野村先生にお問い合わせください。
      久里浜漢方内科クリニック(小野村雅久 院長) https://www.kampo-kurihama.jp/aboutus/index.html

      小野村正久著

      また、針と漢方薬は処方(針は治法といいます)の仕方が非常に似ています。もし、漢方薬を飲んでいる場合、
      たとえば補中益気湯ならば、41番。ツムラの番号だけでもおしえていただければありがたいです。

         
      私が愛用している、疲れているときに飲む漢方。補中益気湯、十全大補湯。
      保険のつかえることで有名なツムラの漢方薬には番号がついてます。ちなみに有名な葛根湯は1番です。